FC2ブログ

JML3月講座

2019年03月09日 00:47


本日はJML現代ピアノ講座、9名参加(含む私)で、ブーレーズ、ドナトーニ、ダグラス・ピュー、武満徹、塩見允枝子、平石博一の作品を弾いたり語ったり。
11月から新規で始まった講座も今月の5回目で一区切り。あっという間の5ヶ月でした。
拙宅での15年以上続いている勉強会での経験はありますが、新しい環境とメンバーでの講座はやはり全く別の物であり、私にとっても新鮮な緊張と共に多くの学びを得る日々でした。もっと説明上手くならんといかん、自分。
次期コースは早くも4月から始まりますが、また新しい出会いの予感もあり、これからも私達らしいペースで発展していければと思っています。
スポンサーサイト

2月の勉強会

2019年03月04日 18:38


2月の現代ピアノ作品勉強会は8名参加(含む私)でブーレーズ、ダグラス・ピュー、ウンスク・チン、松平頼則、伊左治直、番外編でベートーヴェンの作品を弾いたり語ったり。
アトリエメンバーは6月の門下発表会と11月に杉並公会堂で行う「ピアノのアトリエ vol.12」に向けて、それぞれ焦点を定め準備を始めています。
久しぶりにメンバーが集い華やかな雰囲気も嬉しく、私も絶賛崖っぷちの毎日ですが、新しい作品と皆の活気は何よりのエナジーチャージ。元気を貰いました。

1月の勉強会

2019年01月30日 08:22


1月の現代ピアノ作品勉強会は3人(含む私)+ゲストに作曲家の鈴木治行氏をお迎えし、石田麻由子さんが昨年から丁寧に取り組んでる鈴木作品《同心円》を聴いていただき、作品と演奏についてレクチャーをしていただきました。
生みの親でないと語れない、細やかなニュアンスや大きな流れを教えていただき、作品が一気に私達に肉迫。素晴らしい時間でした。
鈴木さん、有難うございました!そして、勉強を重ねた石田さんも有難う!今後の展開がとても楽しみです。

ラストスパート

2019年01月12日 13:12




冬休み明け、今年度の授業もカウントダウン。新しい課題 H.Holliger作曲《Elis》に取り組みました。強弱とリズムを全員で譜読みした後に、其々がピアノに向かい運指や流れを個人的にチェック。10分程の個人練習で音が形になって現れました。シンプルだけれど質の高い作品は、確かな経験と自信を与えてくれるとつくづく。

11月の勉強会

2018年12月03日 09:49




11月の現代ピアノ作品勉強会は4名参加(含む私)でドナトーニと鈴木治行作品を弾いたり語ったり。

特に演奏会が迫っていないこの時期にも、自分のペースで勉強を続けるメンバーを心から尊敬します。

そして終了後は4人で近所のイタリアンでランチ。15年近く勉強会を続けていますが、終了後にゆっくりランチに繰り出すなんて、もしかして初めてかも♡ とても楽しい時間でした。

来月12月は月末に勉強会?又は忘年会??「もう勉強は良いから飲もうよー!」と叫んだのは、勿論私です…。

オン★ステージ新聞に掲載されました。

2018年11月07日 08:13




週刊オン★ステージ新聞9月7日号に《claviarea14 コンテンポラリー・トイピアニズム~大人たちの本気の遊び~》の批評が掲載されました。

JML入野義朗音楽研究所

2018年11月06日 07:56




JML音楽研究所での講座が始まりました。

前任の松永加也子先生の講座から継続で参加された4名と新加入の面々。初めましての方々、懐かしい方々、いつもの方々に集まっていただき、第1回の昨日は、9人参加(含む私)でシチェドリン、メシアン、湯浅譲二、平石博一、木下正道の作品を弾いたり語ったり。

初夏に入野禮子先生からお話をいただいて以来ずっと緊張していて、講座をどのように進めていけば良いかを考えてきましたが、始まってみればいつもの私でした。(結局あまりは変われない…)

其々がキャリアを持って今までもピアノを弾いてきた方々ですので、気負わず安心して、何か私らしいエッセンスを参考にして取り入れていただけるような講座にしていきたいと思います。

今回の5回コースは3月まで毎月第1日曜日(12/2・1/6・2/3・3/3)の午後1時から4時半くらいまで。(途中退席可能)

クラス見学も受け付けていますので、ご興味のある方はお問い合わせください。



最新記事