コンテンポラリー・デュオ スイス・ドイツ公演

2017年04月22日 22:40





コンテンポラリー・デュオ 村田厚生&中村和枝 スイス・ドイツ公演情報です。
全ての公演に、国際交流基金からの助成と、ドイツ学術交流会(DAAD)・日本現代音楽協会・日本トロンボーン協会からの後援をいただきました。
作品の魅力を存分に伝えられるよう、引き続き準備に励みます。

・・・・・

5月9日(火)19:00 バーゼル音楽家の家
《プログラム》
野澤 美香 / たった一つの冴えたやり方 ~トロンボーンとピアノのための (2009)
近藤 譲 / 散形式 ~トロンボーンとピアノのための (1982)
鈴木 治行 / In Between ~トロンボーンとピアノのための (2016)
薮田 翔一 / Cube ~トロンボーンとピアノのための(2011)
村田 厚生 / Tabla-ist(2008)
松平 頼暁 / デュアル・ミュージック / ピアノ・ウィズ・ヴォイス(2016)
山口 恭子 / 廃墟のペッカリー ~トロンボーンとピアノのための (2016)

5月11日(木)19:00 マンハイム音楽大学 15:00 レクチャー、19:00 コンサート
《プログラム》
山口 恭子 / 廃墟のペッカリー ~トロンボーンとピアノのための (2016)
近藤 譲 / 散形式 ~トロンボーンとピアノのための (1982)
鈴木 治行 / In Between ~トロンボーンとピアノのための (2016)

5月12日(金)ケルン日本文化会館 19:00
《プログラム》
野澤 美香 / たった一つの冴えたやり方 ~トロンボーンとピアノのための (2009)
近藤 譲 / 散形式 ~トロンボーンとピアノのための (1982)
鈴木 治行 / In Between ~トロンボーンとピアノのための (2016)
薮田 翔一 / Cube ~トロンボーンとピアノのための (2011)
村田 厚生 / Tabla-ist(2008)
松平 頼暁 / デュアル・ミュージック / ピアノ・ウィズ・ヴォイス(2016)
山口 恭子 / 廃墟のペッカリー ~トロンボーンとピアノのための (2016)

5月14日(日)19:30 シュライヤーン Die Grosse Diele
《プログラム》
グレゴリオ聖歌より(ca.1300) / ディエス・イレ
B.トロンボンチーノ(ca.1500) / 3つのフロットラ
J.C.ペーツェル(1639~1694) / 塔の音楽より
ショパン / エオリアンハープ
H.カウエル / エオリアンハープ
村田 厚生 / Tabla-ist (2008)
山口 恭子 / 廃墟のペッカリー ~トロンボーンとピアノのための (2016) 他

5月17日(水)19:30 ベルリン日独センター
《プログラム》
野澤 美香 / たった一つの冴えたやり方 ~トロンボーンとピアノのための (2009)
近藤 譲 / 散形式 ~トロンボーンとピアノのための (1982)
鈴木 治行 / In Between ~トロンボーンとピアノのための (2016)
Hans Otte / inschriften für Klavir und Posaune (1994)
Daniel Smutny / Pasacalle für Posaune und Klavir (2012)
村田 厚生 Tabla-ist (2008)
山口 恭子 / 廃墟のペッカリー ~トロンボーンとピアノのための (2016)

助成 国際交流基金
後援 ドイツ学術交流会(DAAD)、日本現代音楽協会、日本トロンボーン協会


スポンサーサイト

リハーサル展開中。

2017年04月05日 09:17




コンテンポラリーデュオ・スイスドイツツアーまであと1ヶ月少し。リハーサル絶賛展開中で、ここ2週間で今回デュオで演奏する10曲程全てに2人で目を通しました。根気強く付き合ってくれて、必要な機器を取り揃えてくれる村田さんに感謝。

昨日のリハ後は一人楽譜編集会議。合わせてみてどうしても譜めくりしにくい所のページを整えたり、それでも無理な所は思い切ってパート譜製作を作曲者に依頼したり。朝には早速届いていました。薮田さん、有難うございます!

こうして落ち着いて準備できるのも楽譜が全部揃っているからこそ。引き続き頑張ります。


3月の勉強会

2017年03月31日 08:56




3月の現代ピアノ作品勉強会は6人参加(含む私)で、ドビュッシー、シベリウス、カスティリオーニ、武満徹の作品を弾いたり語ったり、新婚さんのおのろけ話を楽しく聞いたり。

1月末のアトリエコンサートを終えて新しいシーズンに入った勉強会ですが、約1年振りに復帰するメンバーの演奏に嬉しい刺激を受けつつ(来月には10年以上振りに参加する人も!)、先ずは7月のトワイライトコンサート@両国門天ホールに向けてそれぞれのスタートを切りました。

信頼する仲間との音楽の時間は至福。これからも、爽やかで穏やかで直向きな時を皆で過ごしたいです。

写真はアトリエコンサートの記念にと皆から贈られたペン。私の事を思って選んでくれた気持ちが伝わって、じんわりしています。大切に使わせていただきます。


coetoto

2017年03月25日 23:39





声と音のユニットcoetoto projectの公演「2030」を観て・聴いてきました@両国・門天ホール。

クワハラーノ・チュースキー氏の脚本は、前回の公演時にも感じたけれど、異なる時間を鮮やかに切り替えながら練り上げた作品で、1時間以上の森川梢さんの一人芝居に一瞬も飽きる事なく引き込まれました。アトリエメンバーでもあるピアノの堀切洋子さんも、芝居に溶け込み引き立たせる繊細な音作りをしていて、彼女の持っている美質に改めて深く感じ入りました。

帰宅後にホールで販売していた台本を読みましたが、一人芝居では隠れていた他の登場人物の台詞も書かれていて、こちらも夢中で一気に読みました。2度楽しい舞台…良く考えられているなあ。

音楽が少しBGM的に聴こえたのは、芝居の方向性故なのか。これからもユニットとして、がっぷり四つに組む作品を作っていって欲しいと期待しています。梢さん、お疲れ様。洋子ちゃん、おめでとう!



コンテンポラリー・デュオ村田厚生&中村和枝スイス・ドイツ公演

2017年03月11日 21:07




トロンボーンの村田厚生氏と共にスイス・ドイツ公演が実現することになりました。
ご尽力を頂いた作曲家の山口恭子さんと、素晴らしい曲を書いていただいた作曲家に感謝。
キレッキレの邦人作品を演奏してきます!

コンテンポラリー・デュオ村田厚生&中村和枝スイス・ドイツ公演

5月9日 19:00 バーゼル音楽家の家
5月11日 19:00 マンハイム音楽大学 (14:30レクチャー)
5月12日 19:00 ケルン日本文化会館
5月14日 19:30 シュライヤーン芸術の家 大ホール
5月17日 19:30 ベルリン日独センタ

ケルン日本文化会館の広報記事(こちらをクリック)



今年度の授業終了。

2017年02月19日 09:46




勤務校の今年度授業が終了しました。

「現代作品演奏法」後期、4年生は自分で選曲した武満徹作品、3年生はクラス全員で内部奏法の美しいG・クラム「クリスマスのための小組曲 A.D.1979」に取り組み、それぞれ時間を掛けて譜読みし演奏発表をしました。

最初は恐る恐るだった内部奏法も、鍵盤の響きと美しく融合させ音楽的に仕上げることが出来て大満足。来年は何をしようかな。




ピアノのアトリエ vol.10 終了しました。

2017年01月28日 16:29






「ピアノのアトリエ vol.10」終了しました。ご来場いただいた皆様、応援していただいた皆様、有難うございました。

作曲家の先生方にもご拝聴いただき、貴重な体験をさせていただきました。

様々な経験を経てそれぞれの方向性が明確になってきたのが、今回の演奏会の一番の収穫だったように感じています。

また次回に向けて、私達らしい歩みを続けていきます。



最新記事