FC2ブログ

JML 入野義朗音楽研究所 新規講座のお知らせ

2018年08月10日 09:13

今年11 月から、私の大切な学び舎であるNPO法人 JML音楽研究所(セミナー入野義朗音楽研究所)にて「現代音楽ピアノコース」の講師を務めることになりました。

私は大学卒業後5年間、当時、平尾はるな先生が講師をされていたこのコースに通い、人生を根こそぎ変える素晴らしい勉強と経験を積みました。その講座の講師を務めさせていただく事となり背筋の伸びる思いです。

コースは基本月1回。グループレッスンで行います。ピアノのグループレッスンは普段はあまり経験しないかもしれませんが、自分の取り組んでいる曲以外に沢山の曲に触れることが出来、又、客観的に譜読みから仕上げの過程を聴く事により、多くの学びを得られます。私にとっては、自分の個性について考えるとても良い体験となっていました。

私のように人生を根こそぎ変える程の決意など必要無く、「憧れのあの現代作品を弾いてみたい!」という軽やかなお気持ちで、講座に参加される受講生を只今鋭意募集しております。

人数によっては、講座の時間延長、または別時間コースを設ける等、今のところとてもフレキシブルです。ご質問やご希望等ございましたら、私にご連絡いただいても対応させていただきます。多くの皆様と共に学びの時間を持てます事を楽しみにしています。
(初回は、11/4(日)13時からを予定しています)

・・・・・・・・・・・・・・

NPO 法人 JML 音楽研究所(セミナー入野義朗音楽研究所)にて新体制の「現代音楽ピアノコース」を開講します。
それぞれのレベルと興味に応じた現代ピアノ作品を選び、グループレッスンの中で新しい記譜法や奏法を学びます。
同時代の芸術に触れて、心と身体を開放し、新しい音楽の喜びを体験しませんか。新規開講につき若干名の受講生を募集しています。

講師:中村和枝(ピアニスト・尚美学園講師)
日時:原則毎月第 1 日曜日 13 時~15 時
回数:年 10 回(1 コース 5 回、年間 2 コース)
受講料:1 コース(5 回)20,000 円
入会金:6,000 円(継続の場合及び他の講座生は不要)

お問い合わせ:NPO 法人 JML 音楽研究所
電話:03-3323-0646, FAX:03-3325-5468
E-mail: jml-irinopz@nyc.odn.ne.jp


スポンサーサイト

claviarea 14 終了しました。

2018年08月05日 18:32








claviarea 14 《コンテンポラリー・トイピアニズム~大人たちの本気の遊び~ 》終了しました。

暑い夏の午後にお運びいただいた満席のお客様、気に掛けていただいた皆様に心より感謝申し上げます。

NPO法人JML音楽研究所、サントリー芸術財団を始め、多くの方にご助力いただきました事にも改めてお礼申し上げます。

claviarea初の共演者・村田厚生さんとの演奏はとてもリラックスした雰囲気を作っていただきました。

私の思い付きを次々と形にしてくれる相方の仕事振りにはいつも驚くばかり。

そして、素晴らしい作品を提供していただいた作曲家の方々への感謝と尊敬は何よりも大きく、ただひたすら作品に支えられた準備の時間でした。

思い描いた夢を、何倍にも膨らませていただき実現出来た事に、この上ない幸せを感じています。


鋭意準備中

2018年07月25日 07:40










今回の claviarea 14 では8台(9台?)のトイピアノ を使用します。

曲によって、様々なセッティングを工夫するのは、いつのもコンサートでは出来ない経験。

苦悶しつつ楽しんでいます。

サントリー芸術財団推薦コンサート

2018年07月17日 08:00

claviarea14 コンテンポラリー・ピアニズム~大人たちの本気の遊び~ 

サントリー芸術財団推薦コンサートに選ばれました。
チケットプレゼントに是非ご応募ください!

サントリー芸術財団推薦コンサート

claviarea14 コンテンポラリー・トイピアニズム~大人たちの本気の遊び~

2018年07月10日 23:45






claviareaでは、これまでもトイピアノが登場することがありましたが、今回、ついにオールトイピアノプログラムが実現。

すべて日本人作曲家による、トイピアノのための作品集。待望の公演が実現します!

================================
■プログラム
・松平頼暁 ABZ~複数のトイピアノとヴォイスのための(委嘱新作初演)
・平石博一 鏡の向こうに(委嘱新作初演)
・近藤譲 カッチャ(日本初演)
・山本裕之 ヘミオラ・スリップ
・成本理香 ラインズ
・山根明季子 マジカル・メディカル・トランキライザー (共演:村田厚生)
・山口恭子 砂糖の雨(日本初演)
・近藤浩平 坊さんの気晴らし
・田口和行 星屑

※演奏順未定、プログラムは予告なく変更する場合があります。
================================

日時:2018年8月4日(土)、開演14:00・開場13:30
場所:東京オペラシティ・近江楽堂(東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティ3F)

出演:中村和枝(トイピアノ)、村田厚生(ゲスト:プラスチック・トロンボーン)

主催・企画:claviarea(クラヴィアーレア) http://claviarea.com/
制作協力:ナヤ・コレクティヴ
助成:NPO法人 JML音楽研究所

■チケット(2018年5月15日発売開始予定)
前売 一般3000円 学生1500円
当日 一般3500円
(高校生以下無料・要予約)
カンフェティ(先行発売!)https://www.confetti-web.com/detail.php?tid=46310

お取り扱い・お問い合せ:ナヤ・コレクティブ
 電話・FAX 03-3921-4309(電話は平日の11:00~17:00)
 メール:nayac@mc.point.ne.jp

************
 ピアノ+作曲ユニット「クラヴィアーレア」では、2002年の第1回公演から、中村和枝による「コンテンポラリー・ピアニズム」シリーズを中心に、現代音楽におけるピアニズムを探求し、時として現代における聴取の形態についての実験的公演などを行ってきました。第14回目にあたる本公演で、中村和枝はついに通常のピアノから完全に離れ、近年熱心に取り組んできたトイピアノのレパートリーを集めた公演を行います。
 トイピアノは全部で5台の楽器を使用、それぞれ個性的な音を持ちます。これらを聴きくらべることによって、この楽器の玩具としての側面だけではない、魅力的な世界が展開される公演となるはずです。
 プログラムはすべて日本人作曲家による作品。平石博一と松平頼暁の委嘱新作に加え、近藤譲の日本初演作から若手の田口和行に至る幅広い世代の作品を集めました。特に山本、成本、田口、山根各作品は、以前に中村のために書かれた作品です。それぞれまったく異なるアイデアと手法とスタンスで、トイピアノの限られた音域に対峙した日本の作曲家の大いなる「遊び」が、ここにあります。
 トイピアノ自体はそれほど珍しい楽器ではありません。しかしそれが在る光景は、通常音楽を聴く場所にはなく、楽器というより「玩具」の領域にあるでしょう。本公演ではそれを完全に舞台に引っ張り出します。近江楽堂の豊かな響きの中で、この小さいユニークな楽器による、可愛くもシリアスで「本気な遊び」の世界を探検してください。
************

ピアノのアトリエ vol.11

2018年06月30日 19:23






《ピアノのアトリエvol.11》終了しました。
お世話になった皆様に心より感謝申し上げます。

丁寧に準備に励み、それぞれの現在を鮮やかに表現するメンバーに誇りを感じる一夜でした。

音楽に真摯に向き合う人々と共に生きている事を本当に幸せに感じています。


終了しました。

2018年06月09日 23:36




コンテンポラリー・デュオ 福山公演終了しました。
ハードな現代作品プログラムでしたが、多くの方々に温かく聴いていただき嬉しかったです。




最新記事