トイピアノな日々

2012年08月14日 19:38





この夏は帰省も旅行もせず通常運行の日々。来月のトイピアノデビューに向けて練習に励んでいます。

シンプルな中に色々な仕掛けが潜むジョン ケージ 「 トイピアノのための組曲 」

超絶技巧のステファン モンタギュー 「 MIRABELLA  a Tarantella For Toy Piano 」

そして流石の面白さの平石博一氏作曲 「 トイピアノのための A RAINBOW IN THE MIRROR 」

どの曲も何回弾いても飽きません。

でも夢中で弾き続けていると、いつもとポジションが違うせいか首と腰が少々固まったりもして、身体の使い方が今後の課題かも。

いやはやしかし、楽しいです、トイピアノ。 (新曲絶賛募集中!)


スポンサーサイト

近日点/遠日点

2011年06月27日 19:55





今日はトロンボーンの村田厚生氏とリハーサル。
昨年秋の "Yes-Yes Project”東京公演 で初演した V.Sannicandro作曲 ≪ apogeo/ipogeo 近日点/遠日点 ≫ を今週木曜にトロンボーンの村田厚生氏と共にNHKのスタジオで録音します。
放送は7月3日・10日のNHK/FM「現代の音楽」にて。村田氏がゲストとしてフィーチャーされ演奏とお話しが特集されます。

NHKの素晴らしい機材で録音するのは私達にとっても最良の機会。
Sannicandro氏も今回のための改訂版をフランスから送ってくる気合の入れようです。
しかしこの曲、合わせが大変難しい!
厳密に計算された音響を、互いに特殊奏法を駆使しながら離れた配置できっちりとタイミングを合わせて演奏するのは、なかなかに至難の業。
と言うわけで、先週久々に合わせをした後、今日から3日間連続リハで何とか乗り切ろうという計画です。

この曲は録音の方が真価が発揮できるかもしれない、とも感じる今日この頃…とても楽しみです。



名曲三昧

2010年03月20日 12:36

新学期のための書類提出や確定申告が終わり、すっかり春休み。
レッスンの無い日は出掛ける予定もなるべく作らず、午前中に家事を済ませ早い昼食を摂ったら練習開始。
神戸リサイタルの準備に加えて、思う処あり名曲シリーズも練習する今日この頃です。
バッハ弾いて、リストさらって、その後は流れに乗って”幻想即興曲”やら”ため息”やら・・・(笑)。
ピアノという楽器はロマン派と共に発展し完成した事を再確認。実際、練習すればするほど、水を得た魚の如くピアノがよく鳴るようになります。
嵌ってしまうと際限無く弾いていたくなりますがそうもいかず、リサイタルプログラムに戻り最後はソラブジで脳味噌を絞り切り、気が付くと夜。
そういえばこのサイクルに入る前はちょっと悩んでいる事もあったのですが、偉大な芸術の前でそんな事はどうでもよくなってしまいました。
なので、連日の練習で疲れてはいるものの、心はとても元気です、多分。


こんな生活なので、お買い物はもっぱらPCでポチっと。先日はこれを購入。


SJ1057 武満徹:リタニ―マイケルヴァイナーの追憶に― ピアノのための


神戸で弾くリタニ。勿論今までも持っていたのですが、どうも2年ほど前から家に見当たらず。昨年末の楽譜棚の大掃除でも見付からなかったので本格的に失くしたらしく。当初は買い直すのも何だかなーと生徒に楽譜を借りて乗り切ろうとも思ったのですが、あれこれ注意事項の書き込みが多過ぎてげんなり。誰?こんな口煩くくどくど言うのは!?って私なんだな、これが・・・ちょっとびっくり。
なので観念して買い直しました。


ついでにこれも。


キッチンでつくる自然化粧品キッチンでつくる自然化粧品
(2001/04)
小幡 有樹子

商品詳細を見る



先日、野澤美香ちゃんにお手製のクリームを貰い私も作ってみたくなったので。
化粧水は以前から手作りしていたのですが(これは私が美香ちゃんに伝授した^^)、クリームの良いレシピがなかなか見付けられなかったので嬉しい。これでますます家に籠る生活になりそうです。


オンガクノヨロコビ

2010年01月24日 15:25

IMG_2077_convert_20100124145748[1]


5月のリサイタル@神戸で演奏するJ.S.Bachのコラール前奏曲をピアノ譜に編曲中。

昔々勤めていた学校に付属していた幼稚園で親子合唱を指導していたので、いくつかの童謡を編曲した経験はあるものの、ピアノ曲を編曲するのは初めて! いや、ピアノ譜を書くのも初めてかもしれません…。

いざ自分で譜を書くとなると改めて学ぶことが多く、当たり前のように読んでいる楽譜にも様々な創意工夫がある事に気が付き
凄く良い勉強になります。
それに凄く楽しい!
2曲演奏するうち1曲はケンプの編曲で出版されているので、私が編曲するのは短い曲一曲のみですが、癖になりそうな面白い作業。
もしかしてもう一曲もやっちゃうかも^^。


IMG_2072_convert_20100124150026[1]


こちらは今日のレッスンで、クルターク作曲・現代版”チャイコフスキー:ピアノ協奏曲”を熱演する生徒ちゃん(6才)。
彼女もノリノリでした^^。




練習三昧

2009年10月02日 22:32

門下発表会、神戸のレクチャーコンサート、11月の公園通りクラシックスと色々控えて、練習三昧の毎日。

マノノウンは宇宙を吹き飛ばすは、聖フランシスは海を渡るは、バッハは現代にひょっこり現れるは、、、練習室はもう大騒ぎ(笑)。
それぞれの曲のタイプがあまりにも違うせいか、いくら練習しても飽きることはありません。
っていうか、凄く楽しい! 出来ることならいつまでも練習していたい!!

練習をしていて、心から思います。

私は本当に素晴らしい娯楽を与えられた、と。

仕事だから娯楽なんて言っちゃいけない?

でも本当に楽しいんだもん。

そして同時に、精一杯の気力を掛けて私に投資し続けてくれた両親に心から感謝します。

Thank you 両親!

私は幸せです。 

 

 

由美さんち

2009年09月21日 02:12

IMG_1569_convert_20090921013129[1]


先週伺った、打楽器の寺田由美さんのお宅の練習室。
ご実家に付属する一軒家^^;;;を改築して丸ごと練習室にされたそうです。
数え切れないほどのマリンバ&打楽器の数々。
写真には収まりきれなかった空間に、更にマリンバ一台とアップライトピアノと電子ピアノとetr.etr.・・・。
ピアニストも大概大変と思っていましたが、打楽器恐るべし!
打楽器奏者になる人って、色んな面で選ばれた人達だったのだと深く納得。

まだ新しい匂いのするお宅というのもあるかもしれませんが、とにかく隅々まで綺麗に整理整頓がいき届いていて
「由美さん、血液型は?」と日本人の大好きな会話を切り出したところ、「綺麗にしていないと気が済まないの・・・AB型だからかしら?」
「えーーー違う違う!私ABだけど違うもん!!」とトランペットの神代さんと同時に叫ぶ。
「えーーー!!3人ともABなのーーー!?」なんて盛り上がったりして。なかなか楽しい練習でした。

日曜の演奏会での私の出番は、鍋島佳緒里作曲「Junk mood」の一曲。
昨秋のレコーディングに参加した際には、日程の都合でリハが出来ずに、当日に初めてお会いして録音に突入するという強行スケジュールでしたが、それぞれの持ち味と録音ならではの裏技も駆使してなんとか乗り切りました。
今回演奏会バージョンで仕上げるには、3人の微妙なJunkなmoodをどのように合わせるのか少々不安があったものの、何回か通してコツが掴めると分かり一安心。連休中に更に精度を上げるべく練習!です。

邦人作品を特集したこの演奏会。様々なスタイルの曲で神代さんのトランペットの音色が存分に楽しめる演奏会になりそうです。 
ご興味のある方は是非是非!




心機一転

2009年08月21日 21:38

IMG_1397_convert_20090821214840[1]

取り敢えず、今シーズンの練習シリーズ第一弾。

あんなに赤面だったあの曲も、練習を始めたら楽しくて楽しくてすっかり嵌っています。
”日毎に上達が実感出来る”って素晴らしい! 現代曲の練習ではなかなか味わえない感覚です。
興に乗って、同じ作曲家の演奏会用エチュードまで弾きまくる毎日。
タマにはこんな楽しみもいいものです。


最新記事