「松平頼暁-80歳の肖像-」終了

2011年12月31日 21:59

396775_260378307356969_100001544045592_683900_653445963_n_convert_20111231220017[1]


ブログへのUPが遅くなりましたが、「松平頼暁-80歳の肖像-」無事終了いたしました。
ご来場の皆様、本当に有難うございました。企画・練習・本番・打ち上げ、全てが幸せで楽しい時間でした。

全ての演目が終わり松平先生と出演者全員が並んで舞台に立った時の、聴衆の皆様からの温かい拍手、先生の嬉しそうな笑顔、演奏者(そしてきっと裏を守ってくれた実行委員全員全て)の満ち足りた表情。涙が出るほどの感動に包まれたあの瞬間を、日にちが経った今でもはっきりと憶えています。
素晴らしい作曲家、素晴らしい作品、そしてそれを愛する素晴らしい仲間達に巡り合え、本当に幸せに思います。

今年は本当に色々な事が起きた一年でしたが、個人的には大変充実した活動が出来た年でもありました。
来年も自分に課せられた仕事を一つ一つ丁寧に果たす一年にしていきたいと思っています。

応援していただいた皆様には心から感謝いたしますとともに、新しい年もどうぞ宜しくお願い致します。


スポンサーサイト

松平頼暁-80歳の肖像-

2011年12月07日 11:08

376114010[1]_convert_20110826090441[1]


今年最後の演奏会のお知らせです。

 「松平頼暁-80歳の肖像-」 12月20日(火)19:00~@東京オペラシティリサイタルホール 

今年80歳を迎えられて、今なお音楽の最前線を走り続ける作曲家・松平頼暁氏の曲を愛し演奏に関わる演奏家・音楽家の皆さんと共同で企画しました。

プログラムは作曲年代順に

シミュレーション (1974-75) [橋本晋哉/tub]
セレブレーション (1980) [河合拓始/pf]
イッツ・ゴナ・ビー・ア・ハードコア! (1980/2005) [松平敬/bar、藤田朗子/pf]
レプレースメント (1987) [溝入敬三/cb]
連星 (1990) [中村和枝/pf、河合拓始/pf]
モルフォジェネシスII, III (1992) [中村和枝/pf]
井上郷子のための名簿 (1997) [井上郷子/pf]
ローテーションI (2010) [低音デュオ/bar, tub]
(当日の演奏順は未定です)

*演奏会の前後、休憩時間にロビーにて「朝の音楽」(1970) [有馬純寿/音響]

松平氏の多岐にわたる作風を俯瞰できる貴重な機会となっています。

私の演奏曲は、20年ぶりに再演するピアノ連弾曲「連星」と、あまりの演奏の困難さに長年秘蔵の作品にしてしまっていたピアノソロ曲「モルフォジェネシスⅡ・Ⅲ」の世界初演。
現在は練習に励む毎日なのですが、松平氏の曲は私の心身に何故故このようにフィットするのかと驚く事多く。と同時に様々な感謝の思いが溢れてきます。

勿論、私の最も信頼する素晴らしい演奏家の皆様とご一緒出来るのも、今からとても楽しみ!

暮れの忙しい時期ではありますが、皆様どうかこの機会をお聴き逃し無く、ご来場を心からお待ちしております。

チケットは前売一般3000円、前売学生1500円、当日3500円
ローソンチケット 0570-000-407(オペレーター対応) http://l-tike.com/
東京オペラシティチケットセンター 03-5353-9999 
「松平頼曉80 歳記念演奏会実行委員会」tel:080 5496 6854( 石塚)、email:concert1220@gmail.com 
又はこのブログ宛のメッセージでも承ります



松平頼暁-80歳の肖像-

2011年08月26日 09:52

376114010[1]_convert_20110826090441[1]

376114986[2]_convert_20110826090519[1]


私も実行委員として企画に参加している「松平頼暁-80歳の肖像-」@12/20(火)東京オペラシティリサイタルホールのチラシが出来上がりました。
演奏は近年松平氏に作品を委嘱し積極的に氏の作品演奏に関わる、私の最も信頼する個性豊かな演奏家の面々。
私もピアノソロ曲と連弾曲を演奏します。

一昨日、連弾の相方であるピアニストの河合拓始氏と打ち合わせを兼ねて第1回目のリハーサルをしました。
松平氏の機智に富んだ音楽性と連弾の楽しさが見事にシンクロした、素晴らしい作品である事を再確認!
皆様どうぞご期待下さい。

そして、新作オペラ「班女」のリハーサルも佳境に入ってきました。
昨日は楽器3人と歌手の方々との始めての合同練習。今日も歌手の方々とリハ、来週は3日間富山でのリハーサル…。
精一杯の吸収力で臨む日々です。


フォトセッション

2011年07月06日 18:22



来る12月20日(火)に開催する「松平頼曉-80歳の肖像-」のフライヤー等宣伝用写真を撮影するために、企画運営委員の石塚潤一氏と共に松平先生のお宅に伺いフォトセッション。

先生は写真撮影でも一切飾ることなく普段どおりに作曲の仕事をされており、それを石塚カメラマンがあの手この手で激写。(私はレフ板持ちを担当…)
机の上には乱数表と電卓。本棚には濃厚で興味深い書籍が層を成して並び。
先生の仕事風景を拝見できる貴重な時間でした。

演奏曲目と出演者も決定しましたので、追々ブログにもUPして行きたいと思います。
皆様、ご期待下さい!





最新記事