スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納涼会

2015年08月26日 19:46




現代音楽研究会のメンバーと共に納涼会を行いました。

ゲストにもいらしていただき盛り上がったのですが、写真は一切撮り忘れ・・・。

写真は私の持ち寄りメニューのテーブルパンです。

音楽で繋がるメンバーがいるのは本当に幸せ。




スポンサーサイト

両国門天ホール OPEN!

2013年03月01日 15:05

IMG_00010002_convert_20130226080939.jpg

IMG_00010001_convert_20130226081009.jpg



今日(3/1)はこれに出演します。

多くの現代音楽家が創造の拠点とし昨年9月に惜しまれつつも閉館した門仲天井ホールが、早くもこの3月、支配人黒崎さん達のご尽力により両国に移転し再発進。その開所式&お披露目パーティにてピアノ演奏リレーに参加するのは何と言う光栄な事でしょう!

曲は、両国門天ホールと黒崎さんとオーバーホールしたピアノの門出を祝し ”The Tides of Manaunaun/H.Cowell"、"TUNING WITH JOHN/野澤美香”、そして門仲天井ホールの思い出を胸に、かつて門仲天井ホールで世界初演を行った「24のエッセーズ/松平頼暁」より”Yestereen"の計3曲をメドレー(順不同)で演奏します。

皆様どうぞ、Come on and celebrate the new start together!!


井上流体道ワークショップと公開稽古

2011年10月04日 08:19

私の習っている「井上流体道」のワークショップと公開稽古のお知らせです。


「井上流体道の基本は、息の流れを全身に乗せて動く稽古を繰り返すことにあります。吐く息の中ですべての動きを行う事で、自然で無理のない、無意識の流れを秘めたパワーを体の中に養います。正座の状態から瞬時に動きが始まる日本古来の立ち振る舞いの美は、この基本から生まれています。
 井上流体道は武道の動きを通して、心と体の深い所を揺さぶり、錬って行きます。年齢・性別・ジャンルに関係なく、志を持つ人の『芯』を謙虚に鍛錬する場です。
井上流体道は力で激しい動きをするものでなく、勝ち負けを争うものでもなく、「気」のやりとりをする稽古です。」(師範・阿部鈴依)


この夏、20年振りにお稽古を再開しました。
人生の後半戦、身体と心をしなやかに鍛え、もっともっと新しい風景を見てみたい…。
お近くの方、ご興味のある方は是非ご参加ください。


*****************


井上流体道ワークショップ

★転がってみよう♪
多忙な日々に追われ、あれもこれもと、私たちは常に様々なことを考えて頭を使い続け、さらに疲れてしまっているように思います。転がることで、無心になり、すっきりすることができます♪転がるなんて子供のとき以来、という方も多いことでしょう。少しずつで大丈夫です。やってみましょう!!

★公開稽古
普段私たちのやっている井上流体道のお稽古を体験!!

★演武
日頃のお稽古の成果をご覧ください!!


●2011年10月9日(日) 13時半~15時頃
●目黒区庁舎1階和室 はぎの間(中目黒駅徒歩5分)●無料です♪
●問合わせ:090-4403-7622 adcr3o@gmail.com(足立)
運動のできる恰好でお越しください。見学だけでも大歓迎です。



初詣

2011年01月04日 11:47

j__.jpg



例年お正月は2日から実家の伊勢に帰省するので、初詣は伊勢神宮と決まっていますが、今年は少し日をずらして帰省するために、東京にて穏やかなお正月の日々を送りました。

と言っても、特にお正月らしいイベントがある訳でもなく、年末に待望の、Claviarea 相方・山本裕之氏による新作ピアノ曲が届き、これで3月のリサイタルのための曲も出揃い、その他にも取り組まなくてはならない曲も多数あるために、ほぼ通常通りの勉強の日々。

そんな中、2日には思い立ってプジョ子に乗り、友人が宮司を務める練馬・下石神井の御嶽神社に初詣に。
神職の友人は音楽評論家でもあり、大正時代に建てられたという歴史ある素晴らしい社殿に上がらせていただきお茶をいただきながら、小一時間ほど、今年に計画している演奏会についてあれこれ話し合い。
充実しつつも、大変厳かで心静まる時間を過ごしました。
やはり神社がある場所というのは、特別な静謐感があると実感。
とても良いお正月を過ごせました。




明日はこれ

2010年07月30日 18:26

蟆大・ウ莉ョ髱「_convert_20100730180729[1]


伊東由美子生誕50周年記念公演 「少女仮面」 作/唐十郎 演出/久保井研

 
伊東由美子氏は劇団離風霊船(リブレセン)主宰・演出家・女優、にして我らが中野酔っ払い部・部長の箆棒氏の長年のパートナー。
写真のチラシのデザインはイラストレーター・箆棒氏によるもの。伊東氏への愛ぶっちぎりである。

先日頂いたパンフレットによると、台本は宝塚女優・春日野八千代を題材に書かれたものだそうで、元ヅカファンで生・春日野八千代を舞台で見た私としては興味津津なところ。

8月1日(日)まで@座・高円寺 ですのでご興味のある方は是非。

私は明日の昼の部に行きます。





そして明日は

2010年07月16日 23:55

07_convert_20100716235140[1]



件の Sweet Rain にて、このようなLiveがあるそうです(汗)。




お知らせ≪その1≫

2010年04月06日 14:06

私が研究生(?)として所属するキルト教室”キルトおぶはーと”の作品展が4月20日(火)から行われます。


IMG_2464_convert_20100406100218[1]


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪鷲沢玲子のキルト・フェスタ2010≫
日時:2010年4月20日(火)~24日(土) 10:00~18:00(最終日は16:30終了)
会場:新宿パークタワー/3Fパークタワーホール・1Fアトリウム

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


ちなみに拙作。

IMG_2514_convert_20100415075810[1]

IMG_2476_convert_20100406124211[1]


サイズは148×180cm。 多分、作品展では最もこじんまりしたキルトかと^^;;;;。
パターンは古い記憶の中にあった(多分アンティークの本で見た)ものを自分で製図し縫い合わせ、写真では判りませんが裏布に濃いピンクパープルの布を張って、日に透けるとトラプント(詰め物)の模様がくっきりと浮き出るように作ってみました・・・って、まだそのトラプントが永遠に終わらず完成していないのですが・・・(号泣。
 
先月の図録の撮影には中心部だけを何とか頑張って出したのですが、その後返却されてきても力尽きたようにどうにもこうにも進まず。
でも後は単純作業をすればよいだけなので、兎に角あと数日で仕上げ出品します。

世界一のセンスと技術を持つキルト作家・鷲沢玲子先生の門下生200人(私はその最末席)の作品展。
又、今回は教室設立30周年を記念して、これまでの鷲沢先生の作品が一堂に特別展示されます。

ご興味のある方は招待券をご用意させていただきますので、メッセージまたはコメントにて御連絡下さい。





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。