受賞のお知らせ

2010年12月29日 15:14

今年7月に演奏で参加させていただいた FMシアター『薔薇のある家』 が 文化庁芸術祭・ラジオドラマ部門優秀賞 を受賞したとのお知らせをいただきました。
作曲の丹生ナオミさん、スタッフの皆さま、おめでとうございます!
素晴らしい仕事に参加させていただき、私もとても光栄です。

受賞を記念して来年に再々放送されるとの事。
楽しみにしています!


IMG_2677_convert_20100727190335[1]



スポンサーサイト

claviarea初CD完成!

2010年12月19日 18:27

cdjacket.jpg



「松平作品のエキスパートとして知られる中村が、大作《24のエッセーズ》全曲録音に挑んだ意欲作。

松平頼暁の代表的な作曲技法の一つであるピッチ・インターヴァル技法にもとづいたこの大作は、A~Zのうち24文字のアルファベットを各曲タイトルの頭文字とし、それぞれ2~3分の曲の中にピアニズムの極致が多角的に照射されている。人の手による演奏の限界に挑戦したこの曲集に凝縮された松平作品の世界は、鋭利にして壮大このうえない。
ショパンの「子犬のワルツ」が断片化されて組み込まれた《ミケランジェロの子犬》、松平自身との共演による連弾曲《エクササイズ》も併録。」(CD帯より)


完成版を初めて聞いた時、これまで長い年月を掛けて松平作品を弾いてきた様々な思い、そして、ピアノへの情熱を支え続けてくれた多くの方々への思い…色々な感情がこみ上げてきました。
しかし、私も精一杯の力で臨んだけれど、何よりそれは素晴らしい作品があっての事。
誰も見た事のない地平に挑み続ける松平頼暁氏の音楽に、一聴者としてあらためて魅了されました。


正式発売は来年1月7日ですが、いち早く皆様にお聴きいただきたく、秘密の先行販売を始めました。
おまけにいきなり割引特典付き(¥2,940→¥2,500)^^。
多くの方々に是非聴いていただきたい作品です。

ブログからのご連絡もお待ちしております。




三重リサイタル終了

2010年12月17日 20:23

IMG_3123_convert_20101217201847[1]



故郷三重でのリサイタルが終了いたしました。
玉城町国際交流協会の皆様には大変お世話になり有難うございました!
当日は家へのお迎えから(!)手作りの昼食、何から何まで温かくサポートしていただきました。
バッハから現代まで、ピアノの名曲の数々を揃えたプログラム。
お客様も大勢お集まりいただき、沢山の曲を弾いた今年の演奏会の総決算として、私自身もとても充実した幸せな気持ちで演奏させていただきました。

写真は小学6年生時の担任の奥田紀夫先生と。
地元でのコンサートには必ず奥様とご一緒に駆けつけて下さる、私の恩師です。
溌剌としていて、好奇心に満ちていて、勉強の楽しさを存分に教えてくれた先生でした。
今でもちっともお変りにならず、終演後の第一声は「ピアノの中を弾いたのは、どうやってるの?何ていう奏法なの??教えて、教えて!」と興味津々。
ああ故郷には、私を愛し育んでくれた人が沢山いるのだなあ。
私は大変幸せ者です。

2日ほど実家でのんびりして、帰りには少し寄り道して、友人の作曲家・成本理香さんの新作初演@愛知県立芸大を聴きにキャンパスのある長久手まで。
成本さん、claviareaの山本氏、だけでなく何故か多くの知り合いにもお会いし、楽しいひと時を過ごしました。
新作初演された曲も素晴らしかった!知的な緊張感が心地良く、聴いていて精神も頭脳もすっと澄んでいく感覚。
友人として、大変誇らしいです。

今年の演奏会はこれで全て終了しました。
でもまだまだエネルギーが有り余ってる感じ^^。
来年に向けて、練習は既に始まっています。


___convert_20101217221039[1]




中村和枝ピアノリサイタル@三重

2010年12月09日 10:34

今年最後の演奏会です。
故郷・三重県でのリサイタル。
子供達の交流協会主催という事もあり、プログラム1曲目には発表会の定番曲・クーラウのソナチネを演奏します。
練習していて、一瞬にして子供時代の沢山の思い出が鮮やかに蘇りました^^。
ちっとも真面目に練習せず、でも毎日ご機嫌にピアノを弾く子供でした。
友達と集まっては練習中(いや、練習していないのだけれど)の曲から自作自演のはちゃめちゃ曲まで、皆で大笑いしながら弾いていたなあ。
一足先にクリスマスプレゼントを貰ったような、幸せな時間を過ごしています。

沢山の方々にお聴きいただきたいプログラムです。


玉城町(三重県)国際交流協会主催・中村和枝ピアノリサイタル

2010年12月12日(日)14:00開演@玉城町保健福祉会館 ふれあいホール

【プログラム】 
クーラウ         ソナチネop.20-1
バッハ            主よ人の望みの喜びよ
                我、苦しみの極みに在りて
                イエスよ、私は主の名を呼ぶ
ショパン          ノクターンop.9-2   
                    子犬のワルツ
シューマン      クライスレリアーナ1・2
武満徹         リタニ
松平頼暁         ミケランジェロの子犬
伊左治直         魔法の庭
カウエル          エオリアン・ハープ
          
☆子供たちとのクリスマスソングの共演もあります☆

お問い合わせ・玉城町教育委員会 0596-58-8212




Yes-Yes大阪公演終了

2010年12月08日 10:00

yes-yesOSAKA_convert_20101209100643[1]DSC09779_convert_20101209100453[1]
DSC09785_convert_20101209100519[1]DSC09790_convert_20101209100553[1]



Yes-Yes大阪公演は満員のお客様にお聴きいただき無事終了いたしました。
ご来場頂いた皆様、本当にありがとうございました!
関西在住の作曲家、大慈弥恵麻さん・楠井淳子さん・宇野文夫さんにも大変なご尽力を頂きました事を深く感謝いたします。

演奏会前日入りした大阪リハからずっと、作曲家陣とYes-Yes3人の6人で盛り上がりっぱなしの楽しい旅でした。
皆、私にとっては長い友人達でもあり、このように共に活動ができるのは本当に有難く幸せな事と実感します。

Yes-Yes Projectは来年も更なる企画を展開する予定です。皆様、どうぞ宜しくお願い致します。





最新記事