続・CD批評

2011年01月25日 10:01

各誌で高い評価をいただき感謝。前に進む勇気をいただく思いです。

**********

「斬新な美しさと懐かしさを覚えるような心地良さを秘め持つ作品の世界であり、中村和枝による演奏もすっきりとした見通しの良さがある。」
(音楽の友2月号・諸石幸生氏)


「粒揃いの難曲を、ピアノの中村和枝が恐るべき精度で音にしており、ピアノ芸術の可能性の極北を刻んだ一枚。」
(月刊ぶらあぼ2月号・江藤光紀氏)


「きわめて数理的に構成された曲にも関わらず、ほのかな抒情とユーモアが漂う。中村和枝の丁寧な仕事は現代音楽演奏の一つの模範だ。」
(読売新聞1/20夕刊)



51Jhe3guPKL__SL500_AA300_.jpg8E8601.jpg




スポンサーサイト

CD批評

2011年01月24日 08:01

「レコード芸術・2月号」 ”話題の新譜をPRE REVIEW”

評論家・伊藤制子氏による文章で、CD≪24のエッセーズ≫が1ページに渡り取り上げられました。


**********

「理系作曲家が仕掛ける知的な謎解きを鋭敏な演奏で」(伊藤制子)

原子やDNA等の構造がもたらす、静謐で整然とした秩序をもった幾何学の美を連想させる。うっとりと耳を傾けるよりも、じっと耳を凝らしつつ知性を働かせることを聴き手に求める…(中略)そんな知的好奇心をかきたててくれる松平の待望の作品集が、中村和枝のピアノでリリースされた。作品の緻密かつ厳格なシステムへの深い理解に裏打ちされた演奏を得意として…(中略)作曲家のどんな至難な要求にも応えられる名手と言ってよい。中村のピアノは、冷静に語法を見極める耳を持ちつつ、松平が試行錯誤した音響操作をまるでパズルのごとくに解読しながら楽しんで弾いている。

**********

来月号の「新譜月評」にも取り上げられるそうです。

是非、書店でご覧下さい。(202ページです^^)


51e+miaZOXL__SL500_AA300_.jpg



店頭にて確認!

2011年01月18日 08:41

@新宿・TOWER RECORD


__[1]





本日発売開始!

2011年01月07日 00:00

cdjacket.jpg



≪松平頼暁・24のエッセーズ≫ (ALCD86) いよいよ本日発売開始です。

主要CDショップ、AMAZON 等にて取り扱っております。
 
vivid なパッケージで、きっと店頭でも目立つはず!

皆様、是非お手に取ってご覧ください。





初詣

2011年01月04日 11:47

j__.jpg



例年お正月は2日から実家の伊勢に帰省するので、初詣は伊勢神宮と決まっていますが、今年は少し日をずらして帰省するために、東京にて穏やかなお正月の日々を送りました。

と言っても、特にお正月らしいイベントがある訳でもなく、年末に待望の、Claviarea 相方・山本裕之氏による新作ピアノ曲が届き、これで3月のリサイタルのための曲も出揃い、その他にも取り組まなくてはならない曲も多数あるために、ほぼ通常通りの勉強の日々。

そんな中、2日には思い立ってプジョ子に乗り、友人が宮司を務める練馬・下石神井の御嶽神社に初詣に。
神職の友人は音楽評論家でもあり、大正時代に建てられたという歴史ある素晴らしい社殿に上がらせていただきお茶をいただきながら、小一時間ほど、今年に計画している演奏会についてあれこれ話し合い。
充実しつつも、大変厳かで心静まる時間を過ごしました。
やはり神社がある場所というのは、特別な静謐感があると実感。
とても良いお正月を過ごせました。




明けましておめでとうございます

2011年01月01日 12:40

東京地方、穏やかで暖かな新年を迎えております。

旧年中は多くの方々のご助力・ご声援を頂き、大変充実した一年を過ごさせていただきました。
皆様に心から感謝申し上げます。

新しい年も沢山の音楽と出会い、多くの方々と心通わす一年となりますよう、精進していきたいと思っています。

今年もどうぞ宜しくお願い致します。

中村和枝






最新記事