コンサート情報

2016年05月10日 22:46




本日の中日新聞にコンサート情報を載せていただきました、感謝◎

スポンサーサイト

ピアニストのためのアルロトロピー

2016年05月09日 09:00




Crossboundary Ⅵ@名古屋・スタジオハルで演奏する松平頼暁作曲《ピアニストのためのアルロトロピー》。「Allotropyは、同質異体、同素性を意味する化学用語。たとえば、グラファイトとダイヤモンドは同じ炭素原子の結晶ですが、その性質は完全に異なってます。これは、その結晶構造、いいかえれば配列のありようが異なっていることに由来するわけですが、こうした現象が同質異体という概念の一部となります。」音楽評論家石塚潤一さんの書き込みより(いつもすみません)。

1970年大阪万博の年に作曲されたこの作品は、連打による様々な種類のパルスによって構成されています。「これも連打だったのか!」という楽しい驚きにも満ちており、松平先生の初期を代表するピアノ作品ですが、その譜面の緻密な佇まいからなかなか手をつけられずにいた私にとっては《on the keyboard》と共に今回が初の取り組みとなります。

曲の後半には様々な発声を伴う連打や、歌唱、ステップ、拍手なども出てきて、氏のユーモアが光ります。ステップと拍手の意味については先日、高橋アキさんの公開講座で先生がとても面白いエピソードを語っていらっしゃいましたが、これも名古屋でのコンサートのお楽しみにしてください☆ 

初めて触れる松平先生の初期作品ですが、現在最新ピアノ作品も委嘱しており11月3日(祝・木)に東京で行う山本裕之氏と私の現代音楽ユニットのコンサートシリーズ《claviarea 13 〜くりかへす悦び2〜》にて初演予定です。いつまでも私のピアノ人生を導いてくださる松平先生には、愛と尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

on the keyboard

2016年05月05日 09:00




14日(土)Crossboundary@名古屋で演奏する湯浅譲二作曲《on the keyboard》。この曲は「グラフ上に感覚的に引いた線の上下を、はげしく振動するように音が選ばれていますが、これは、すべてサイコロを振っての確率的なプロセスで選ばれているとのこと(どうしても気に入らない音があった場合、半音までの範囲で補正する、ということは行っているそうですが)。」(音楽評論家・石塚潤一さんの書き込みより)

現代ピアノ曲の金字塔的作品であり、現代曲に取り組むピアニストなら当然弾かなくてはいけない作品でもありますが、あまりの難しさゆえに今まで取り組んでこなかった私は今回が初挑戦です。

意を決して選曲した理由は2つ。先ず第一は、湯浅先生の愛弟子でもある今井智景さんの企画である事。そしてもう一つは、私が主宰している現代ピアノ作品勉強会のメンバーの一人、全盲で点字楽譜で現代作品演奏に取り組んでいるSさんの存在です。昨秋、ピアニストとして次のステップに進みたいと話すSさんにこの曲への取り組みを勧めたところ、数秒程考える顔付きをした後「やってみます。」と答えた彼の意気に、私も心動かされ、共に取り組もうと決意しました。へこたれそうになる度に、彼の壮絶な練習を思いながら練習する日々・・・ですが、この間少し久々に話したらちょっとだけ彼もへこたれていて(珍しいです)軽くお尻を蹴飛ばしたり(笑)互いに励ましあったり。

ハードな練習が要求されますが、名曲に触れる喜びはそれを遥かに越え、大きな学びとなっています。

ピアノ・トイピアノ レクチャーコンサート

2016年05月01日 23:54




ヨーロッパに長く滞在し、現在名古屋在住の作曲家・今井智景さんの主催する Crossboundaryコンサートシリーズにてリサイタルを致します。
現在鋭意準備中!
 
Crossboundary Ⅵ
中村和枝 ピアノ・トイピアノ レクチャーコンサート

 
2016年5月14日() 14:00 開場 14:30 開演
スタジオハル(名古屋市千種区春岡1-25-1(松岡邸内) 
一般2,500円 学生1,500円

■プログラム

L.Berio / Rounds
K.Stockhauzen / ピアノ曲第5番
松平頼暁 / ピアニストのためのアルロトロピー
湯浅譲二 / オン・ザ・キーボード
山本裕之 / Hemiola Slip(新曲初演)
成本理香 / Lines(新曲初演)

and more・・・曲順未定

■お問い合わせ:: Seainix Prpject(シーインクス・プロジェクト) Email : seainprpject@gmail.com
■チケット予約: Confetti(カンフェティ) Tel:0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)



最新記事