スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月の勉強会

2017年03月31日 08:56




3月の現代ピアノ作品勉強会は6人参加(含む私)で、ドビュッシー、シベリウス、カスティリオーニ、武満徹の作品を弾いたり語ったり、新婚さんのおのろけ話を楽しく聞いたり。

1月末のアトリエコンサートを終えて新しいシーズンに入った勉強会ですが、約1年振りに復帰するメンバーの演奏に嬉しい刺激を受けつつ(来月には10年以上振りに参加する人も!)、先ずは7月のトワイライトコンサート@両国門天ホールに向けてそれぞれのスタートを切りました。

信頼する仲間との音楽の時間は至福。これからも、爽やかで穏やかで直向きな時を皆で過ごしたいです。

写真はアトリエコンサートの記念にと皆から贈られたペン。私の事を思って選んでくれた気持ちが伝わって、じんわりしています。大切に使わせていただきます。


スポンサーサイト

coetoto

2017年03月25日 23:39





声と音のユニットcoetoto projectの公演「2030」を観て・聴いてきました@両国・門天ホール。

クワハラーノ・チュースキー氏の脚本は、前回の公演時にも感じたけれど、異なる時間を鮮やかに切り替えながら練り上げた作品で、1時間以上の森川梢さんの一人芝居に一瞬も飽きる事なく引き込まれました。アトリエメンバーでもあるピアノの堀切洋子さんも、芝居に溶け込み引き立たせる繊細な音作りをしていて、彼女の持っている美質に改めて深く感じ入りました。

帰宅後にホールで販売していた台本を読みましたが、一人芝居では隠れていた他の登場人物の台詞も書かれていて、こちらも夢中で一気に読みました。2度楽しい舞台…良く考えられているなあ。

音楽が少しBGM的に聴こえたのは、芝居の方向性故なのか。これからもユニットとして、がっぷり四つに組む作品を作っていって欲しいと期待しています。梢さん、お疲れ様。洋子ちゃん、おめでとう!



コンテンポラリー・デュオ村田厚生&中村和枝スイス・ドイツ公演

2017年03月11日 21:07




トロンボーンの村田厚生氏と共にスイス・ドイツ公演が実現することになりました。
ご尽力を頂いた作曲家の山口恭子さんと、素晴らしい曲を書いていただいた作曲家に感謝。
キレッキレの邦人作品を演奏してきます!

コンテンポラリー・デュオ村田厚生&中村和枝スイス・ドイツ公演

5月9日 19:00 バーゼル音楽家の家
5月11日 19:00 マンハイム音楽大学 (14:30レクチャー)
5月12日 19:00 ケルン日本文化会館
5月14日 19:30 シュライヤーン芸術の家 大ホール
5月17日 19:30 ベルリン日独センタ

ケルン日本文化会館の広報記事(こちらをクリック)





最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。