わからない音楽の会@神戸学院大学

2009年10月13日 07:14

IMG_1678_convert_20091013072040[1]


宇野文夫さんです。今週末の神戸での企画の打ち合わせの為にいらっしゃいました。

宇野さんは大学の先輩。作曲家・評論家・大学准教授、、、にして私の長年のピアノコーチ。

大学を卒業後に現代音楽を勉強し始めた頃、当時仲間達とやっていた室内楽の演奏会の打ち上げに必ず現れては熱く音楽を語り、
時には一八番の指揮者の物まね芸を繰り広げ、いつも皆を盛り上げていた宇野さん。
其々の演奏についても的確に指摘する言葉の数々を聞き、「この人を私のコーチにしよう♪」と思い付きスカウトしたのでした。
楽曲分析の知識、音楽(と人)への温かい思い、それを伝える巧みな言語能力・・・こんな有能な人を活かさないテはない!
だって現代音楽、面白いけど時に難解過ぎて、独りでさらうのツライんですもん・・・。

あれからうん10年。色んな曲を一緒に勉強したし、山ほど色んな話もした。先輩、友人を通り越してすっかり”身内”な私達。
10年ほど前に仕事の関係で地元の神戸に帰られてからも、しつこく追っかけてコーチしてもらっています。だって独りでさらうの・・・(笑)。

で、今回の神戸の企画では、その勉強してきた曲の数々に加え宇野さんの新曲も演奏するので、昨日はリハの為に神戸からやってきてくれたのでした。

あー、もー、難し過ぎてまだ全然弾けないんですけどー(涙)・・・ でも色々とアドバイスされ「なるほど、なるほど」と心が決まる部分も多くありました。何とかこれを仕上げに持っていかねば!あと数日頑張ります。。。

それはこんな演奏会です↓
神戸学院大チラシ1


「わからない音楽の会」って・・・・・・流石関西!のセンスに脱帽。




スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kazue0602.blog23.fc2.com/tb.php/115-462e8ea3
    この記事へのトラックバック


    最新記事