スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友を訪ねて

2009年10月19日 10:22

IMG_1710_convert_20091019101133[1]

繧上°繧峨↑縺・浹讌ス縺ョ莨壹◎縺ョ・・-+32_convert_20091023003004[1] - コピー


「わからない音楽の会」@神戸学院大学 終了しました。

この催しは神戸学院大学と神戸市西区が連携し、市民の方々に広く「わからない音楽」を楽しんでもらおうと企画したレクチャーコンサート。
産経新聞に第一回目の演奏会の様子が記事として掲載された事も影響したのか、会場の定員ほぼ満席の100人近い聴衆の方々にお集まりいただき、皆さんとても熱心に、そして温かい雰囲気でお聴きいただきました。若い年代の方も多く参加していただきましたが、特に印象に残ったのは、人生経験を積まれたであろう年代の方々が、新しい「わからない」現代音楽をとても興味を持って受け入れてくださっている様子を感じた事です。様々な経験を積まれた上で、なお、新しい未知の事にも心を拓いていかれる、そのようなお姿を拝見する事は私にとっても本当に励まされる素晴らしい体験でした。参加していた学生達にもきっと伝わっている、とも思いました。

宇野文夫さんの講演も、”音楽の真実”を分かりやすい平易な言葉で語りながら、「この人は本当に音楽が好きなのだなあ」という情熱も伝わり、内容も充実していて、こちらもとても勉強になりました。

企画の桑島紳二先生、上村嘉夫先生、宇野文夫さん、事務局の方々、お世話になり有難うございました!


備忘録のために私の演奏曲目を。

A.シェーンベルク/ピアノ曲op.33-a
H.カウエル/マノノウンの潮流
J.ケージ/ピアノ曲第3番・第20番
K.シュトックハウゼン/ピアノ曲5番
宇野文夫/「破片」 新曲初演


来年5月には同じホールでリサイタルが予定されています。

数年前、演奏会シリーズを企画していらっしゃる神戸学院大学の上村嘉夫先生が、神戸のライブハウスでの私の演奏会を聴きにいらして下さっていて、その時の演奏曲を含んだリサイタルを、とのお話を以前からいただいていたのですが、私の勝手な都合でずっと延び延びになっていたのを温かく待って下さっていて、来年にはいよいよ実現することとなりました。700人収容のホール(今回は舞台上のみを客席+会場として使ったので100人収容だったのですが)で、シリーズの他の出演者の方々も錚々たる演奏家ばかり。緊張します・・・。

今回も終了後は、宇野ファミリー、いつも聴きに来て下さる毎日放送の高沖さん、作曲家の近藤浩平さんと楽しく打ち上げ。
皆で盛り上がって凄い勢いで喋りまくり・・・。


おまけに翌日は名古屋で途中下車し、claviarea 相方の山本さんのこんな企画にも乱入し、終了後名古屋駅前のお店で山本さん、
助手の高山さんと楽しく飲み(あ、飲んでたのは私だけ?)、すっかり楽しい週末を過ごして帰宅しました。


IMG_1718_convert_20091019100920[1]


名古屋も意外と近い!うちの近所で飲んでるよりもずっと早くに帰宅できるじゃん!なーんて。

また楽しいお酒が飲めるように、がんばって生きていこう(笑)。

長文、失礼しました。

神戸の演奏会の写真は、きっと後ほど・・・。


スポンサーサイト


コメント

  1. Re: 友を訪ねて

    たくさんの良き友人に囲まれて本当に和枝さんの人生は恵まれていますね。その友人達の期待を裏切らぬよう、これからも頑張ってください。

  2. kaz | URL | -

    東伏見のカザルスさま

    忌憚なく話せる友人がいるというのは、本当に幸せなことと思います。いい歳していつまでも遊んでもらっています。

    ≫友人達の期待を裏切らぬよう

    大汗…しかし、そもそも期待されているかが疑問だったりして、ぎゃー(笑)。頑張ります…。

  3. 近藤浩平 | URL | bxvF113M

    Re: 友を訪ねて

    宇野さんの「破片」
    まさに成熟した大人のピアノ音楽でしたね。
    鍵盤音楽としてのピアノ音楽。
    作曲家への理解の深い演奏に感銘を受けました。

    カウエルのアイルランド的抒情も良かったです。
    いろいろ聴いてみたい作曲家ですね。

    宇野さんが弾くブルックナー
    ブルックナーの細部の面白さの再発見。
    続き全曲が聴きたいと思いました。

    打ち上げ参加させていただき、楽しかったです。
    終電を危うく逃すところでしたが、ぎりぎり間に合いました。

    ピアノ独奏曲が、書きたくなってきました。
    自分では弾けない程度に難しいのを書いてみますので、出来上がったらお見せします。

  4. kaz | URL | -

    近藤浩平さま

    先日は「わからない音楽の会」にご来場いただき有難うございました。
    お聴きいただき嬉しかったです。

    宇野さんの新曲、少々時間のない中で取り組んでしまったので、またじっくりと見直してみたいと思っています。
    ”成熟した大人の演奏”で、また再演する機会があれば嬉しいです。

    打ち上げも楽しかったですねー。
    土地勘がないのですっかりのんびりと打ち上がってしまいましたが^^;;;、終電ぎりぎりだったのですね。間に合って良かった…。

    近藤さんのピアノ曲も拝見するのを楽しみにしています。
    また近いうちに現音や協議会でもきっとお会いできますね。
    今後ともよろしくお願い致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazue0602.blog23.fc2.com/tb.php/116-d0c5c33b
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。