スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

満員御礼

2009年11月17日 18:41

IMG_1822_convert_20091117180843[1]


”すべての種類のYes” 満員御礼にて終了いたしました。

同世代の強烈な個性と実力を持つ友人達とのコラボレーションは、私にとってとても刺激的な体験でした。

ちょうど去年の今頃、立川で行われたリサイタルの壇上で、「これからは”現代音楽”を季節の新しいモードを楽しむように軽やかに弾いていきたい」と宣言(?)したのですが、、、希望って口にしてみるものだわー。

これからも多くのアートに触れ、多くの情感に触れ、生きていきたい。
そう実感する体験でした。

ご来場いただいたすべての皆様に深くお礼申しあげます!



スポンサーサイト


コメント

  1. Re: 満員御礼

    お疲れさまでした。
    新しいものへの試みこそ、ゲイジュツの醍醐味ですな~あ。
    考えてみれば、モーツアルトも、ベートーヴェンも
    18世紀では革命家ですよね。
    少しゆっくりされてから、お話でもお聞かせください。

  2. kaz | URL | -

    東伏見のカザルスさま

    おはようございます!

    ≫新しいものへの試みこそ、ゲイジュツの醍醐味ですな~あ。

    美術や演劇と比べて、音楽はその点が保守的な傾向が強いです。
    勿論クラシックは素晴らしいのですが、革新も大切な仕事ですよね。
    まだ頭も身体も疲れています。
    ぼんやりとした時間を過ごすのも楽しいのですが^^。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazue0602.blog23.fc2.com/tb.php/129-81ac9133
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。