キルト展のお礼&リサイタルのお知らせ

2010年04月30日 18:28

先週のキルト作品展には多くのお客様にいらしていただき有難うございました。
大作・力作揃いの作品展の中でちょっと居心地が悪そうにしていた私のささやかなキルトも、家に帰ってきてピアノ室の壁に飾ったら何だかまあまあの出来のようにも思えて^^。 ピアノの真正面の壁、今までは違うキルトが飾ってあった場所に入れ替えたので、新たな景色を見ながらの練習がちょっと新鮮な今日この頃です。
中途半端な出来のキルトに落ち込む思いもあったのですが、自分のペースでこれからもキルト作りを楽しんでいこうと今は思っています。
お運びくださった皆様、有難うございました。


そして次は本業の^^リサイタルのお知らせです!


2010green_spring-a_convert_20100430195122[1]

2010green_spring-b_convert_20100430195148[1]

*******************************

神戸学院大学 Green Festival 中村和枝 ピアノリサイタル     
   ・ミニレクチャー/宇野文夫(神戸学院大学人文学部准教授)

2010年5月15日(土)15:00開演
神戸学院大学有瀬キャンパス メモリアルホール


《演奏曲目》
・J.S.バッハ : "オルガンのためのコラール前奏曲(オルガン小曲集)"より
             イエスよ、私は主の名を呼ぶ BWV.639 (編曲:W.ケンプ)
             我、苦しみの極みに在りて   BWV.641 (編曲:中村和枝)
・F.リスト : "伝説"  2.波を渡るパオラの聖フランシス
・L.ベリオ : ラウンズ
・武満 徹 : リタニ
・K.ソラブジ : "Opus Clavicembalisticum"より
            入祭唱 Ⅱ.前奏曲-コラール
・宇野文夫 : ピアノソナタ 第4番 「耳と目で」 (新曲初演)


入場無料。お申し込み・お問い合わせは http://www.kobegakuin.ac.jp/

*******************************


バッハからロマン派、そして現代の音楽へと、ピアノ(鍵盤)音楽の歴史をダイナミックに駆け巡るプログラムを組んでみました。
特に今回、このフェスティバルを監修していらっしゃる神戸学院大学の上村嘉夫先生の熱いリクエストにより演奏する ソラブジ "Opus Clavicembalisticum" は全曲で演奏時間4時間を要する怪物的な大曲。今回私が弾くのは全曲12部分のうち冒頭の2部分ですが、それでも演奏時間は20分。そして長いのみでなく魑魅魍魎の如く音が入り混じり・・・未だ世界でも数人しか演奏していないという大変な難曲です。私は04年にもこの部分(+もう1部分)を神戸で演奏していますが、再演とは言ってももう果てしなく難しく、日々頭を抱えて練習に励んでいます。勿論、難解なだけではなく悪魔的とすら感じる深い魅力があり、音楽マニアにこの曲の熱烈なファンが多く存在するのも納得する思いなのですが・・・兎に角難しいー!

そしてソラブジのみでなく他の楽曲もそれぞれに魅力的で深い世界が存在し、ハードな練習の日々ではありますが、このような偉大な芸術に直に触れて生きていけるのは本当に幸せな事と実感しています。ああ何とか少しでも真髄に迫りたい!


各曲について、私の勉強も兼ねて追々書きこんでいきたいとも思っていますが、今日はこの辺で。


チラシ及び入場券等がご入用の方はメッセージまたはメールでお知らせください。


スポンサーサイト


コメント

  1. Re: キルト展のお礼&リサイタルのお知らせ

    久々のブログ更改、なかなか読み応えがありました。難曲への挑戦、がんばってください。
    わたしも原稿書きがんばります。
    次は5月末までに400字詰め150枚です。連休中も書きまくります。

  2. kaz | URL | -

    東伏見のカザルスさま

    連休はお互いに返上ですね。でもフリー業は致し方ない。
    身体に気をつけて頑張ってください。

  3. Re: キルト展のお礼&リサイタルのお知らせ

    リサイタルまで1週間。いよいよですね。
    身体に気をつけて追い込み頑張ってください。
    成功をお祈りしています。

  4. kaz | URL | -

    東伏見のカザルスさま

    コメントをいただいていた事にも気付かない追い込み(追い込まれた?)生活をしていました。
    応援有難うございました。
    なんだか夢のように終わってしまいましたが、また今週末も頑張ってきます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazue0602.blog23.fc2.com/tb.php/168-919de52e
この記事へのトラックバック


最新記事