スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミケランジェロの子犬

2010年07月06日 23:58

IMG_2634_convert_20100707002507[1]



じりじりと暑い東京地方、録音まであと2日となり、我が家の練習室も白熱しています。


今回” 24のエッセーズ ”と共に録音する” ミケランジェロの子犬 ”は1993年に作曲された2分ほどの小品です。
その前年に私がイタリアに旅行した際のお土産に「ミケランジェロ名画ぬり絵&色鉛筆」を松平先生に差し上げた所、当時流行していたコンピューターウィルス・ミケランジェロに掛けて、ショパンの”子犬のワルツ”にウィルスが侵入して大変な事になってしまう、という曲を書いて下さいました。今思うと何とゴージャスなお返し!各モチーフが色鉛筆で塗り分けられていて、当時私の師匠がそれを見て「こんなに甘やかされてたら和枝はいつまでも馬鹿だな」と呆れていたのを思い出します(爆)。(初演・「現代の音楽展1994」)

冒頭有名な”子犬のワルツ”のパッセージが始まるや否や爆発。その後、数々の断片に破壊され変化。ウィルス侵入を表すモチーフでは英題の”Michelangelo's pup"と私の名前”kazue"のアルファベットがモールス信号化され暴力的なリズムを刻みます。時代掛かったショパンや時にはブルージーにやさぐれた子犬まで出現し、最後は両肘を使った盛大なクラスター(音塊)で大崩壊。

何ともキュートなこの曲を私は多くの演奏会でアンコールとして弾き、自分の結婚披露パーティでも自己紹介代わりに演奏しました。
ウェディングドレスを着て肘鉄クラスター喰らわす花嫁ってどうよ、とも思いましたが、あの日一番喜んでくれたのは、自身も音楽家に憧れ、
その夢を長女に託しピアニストに育て上げ、私の事も「ピアニストがお嫁に来てくれるなんて最高!」と喜んでくれた今は亡き義父でした。
大きな声でブラボーと叫びスタンディングオベイションを送ってくれた義父。その後私のピアノの生徒となり、週一回のレッスンを続け発表会にも出てくれた。最後の入院の時には義母も病気で別の病院に入っていたために、ほんの束の間ではあったけれど看病の真似事をさせてもらい一緒の時間を過ごしました。周りから「お孫ちゃん」と言われ否定しようとすると「面白いからそのままにしておこうよ」と微笑んでいた義父。
今日練習していたら色々な事を思い出して、気が付いたら泣きながら弾いていました。

いやいや、大丈夫か、私。でも、いつもは演奏会のドタバタの中で慌ててさらっていて、今回のように丁寧に練習するのは久し振りなので(大汗)、特に心に染み入ってしまったのかもしれません。
ううう、、、頑張って良い録音にしよう。 明日も元気な一日になりますように!





スポンサーサイト


コメント

  1. Re: ミケランジェロの子犬

    準決勝オランダvs.ウルグアイ戦の取材後、仕事を一息つきブログ拝見いたしました。
    素敵なお父上とのお話、感動いたしました。
    わたしは、これから「ダーバンのカザルス」に成れるのか。はたまたケープタンで力尽きるのか。
    まこと、人生は旅ににておりますなぁ~。

  2. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  3. kaz | URL | -

    ケープタウンのカザルスさま

    お元気ですか?
    身体を張っての取材記を拝見させていただいています。
    カザルスさんの逞しさに今更ながら驚いています。
    間違いなくカザルスさんはこの旅の勝者だと思います。
    さてさて私の録音vol.1はお陰様でなんとか終わりました。
    大変でしたがとても得るもの多い作業でした。
    応援有難うございました。

  4. kaz | URL | -

    鍵コメさま

    お元気ですか?
    ヴァイオリンの調子はいかがですか?
    今日私はアマチュアオケの演奏会を聴きに行く機会に恵まれました。
    凄く充実していて楽しそうで私もやってみたい!と思ってしまった。
    でも考えたらピアノ以外に出来る楽器などないのですが・・・。
    ピアノは基本練習から本番までずっと一人だったりするから寂しいものがありますよね。
    なので録音は作曲家や技術スタッフと一緒で、緊張はするもののとても楽しい一時でもありました。
    大変だけど誰かと一緒にいるだけで楽しい!みたいな^^;;;。
    鍵コメさんもヴァイオリン頑張ってくださいねー。

  5. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  6. kaz | URL | -

    鍵コメさま

    バイオリンのレッスンはどうでした?真剣に取り組んでいる様子で凄いな~と思っております。
    若い頃とは違う形で音楽に取り組めるのって、それはそれで面白いですよね。
    私も同じピアノという楽器ではありますが気分的にはその感じに近いです。
    複雑さを乗り越えてでも得たい物があるっていうのも判る気がする。
    頑張ってね、頑張ろうね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazue0602.blog23.fc2.com/tb.php/177-b9d88435
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。