アーツ&クラフツ展

2009年03月28日 10:01

生活と芸術ーアーツ&クラフツ展」@東京都美術館 に行きました。

キルト制作をこよなく愛する私としては見逃せないこの展覧会。今年の初めにポスターを見た時からずっと気になっていました。

アーツ&クラフツ運動は19世紀後半イギリスで始まった芸術民主運動。それまでの少数の権力者が独占する芸術市場の中で、新たな活路を求めた芸術家、建築家、デザイナー、職人たちによって展開されました。「万人の生活を美しいものにする」という理想の下、住宅内装や日常生活で使われる物達が、高度なセンス(グッド・テイスト)と職人の綿密な手仕事によって生み出され、勿論、手仕事ゆえに高価な物が多く、本当の意味で万人にいき渡ったとは考えにくいけれど、その活動はヨーロッパ全体を巻き込み日本でも”民芸運動”として結実し大きな芸術運動へと発展していった、そうなのだ。

期待通りにとても興味深い展覧会でした。展示品は「今すぐ持って帰りたい物」ばかり。どれが一番欲しいだろう…、くれるとも言われていないのに勝手な妄想が拡がります。我が家がこれらの素晴らしい調度品に似つかわしい家でないのがとても残念!特に注目したのはテキスタイルや陶器、飾り文字のデザイン。そのままキルトや刺繍のパターンとしても使えるものが多く、創作意欲を掻き立てられます。部屋の内装も私好み!出来る事なら、家中の壁紙をアーツ&クラフツ運動の理念に基づき張り替えたい!!

IMG_0872_convert_20090328145816[1]

ショップで購入したグラス。掌に丁度納まるサイズです。赤ワインにも似合いそう。

ああ、美しい生活がしたい!…先ずは家の掃除をして、4月の演奏会が終わって時間ができたらカーテンを縫って取り換えよう。100均で安易に物を買うのは止めて、通販ショッピングも控え目に。
私のアーツ&クラフツ運動展開計画が始まりました。(いつまで続くことやら…)


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kazue0602.blog23.fc2.com/tb.php/19-156cae46
    この記事へのトラックバック


    最新記事