世界初演絶賛練習中!

2013年06月08日 23:15




今回の≪claviarea 11≫の世界初演曲、パリ在住のイタリア人作曲家、Stefano Gervasoni氏の10曲から成るピアノ曲集の中の1曲【Pre carre】。今回のclaviarea公演の為に新しく書き下ろしていただきました。
この曲集はワークインプログレスという現在進行形のピアノ曲集です。  

claviareaは2003年にGervasoni氏の【脱慣習の試み】というピアノ曲を日本初演しています。その時の曲は多数の音のモアレで響きを創り出すスペクトル楽派の影響を感じさせるものでしたが、10年後のこの曲集は打って変わって厳選された静謐な音楽となっていて、一体この間彼に何があったのか!?と想像を逞しくしたりして。

が、この静謐な世界が実に良く計算されたもので、一筋縄の練習ではなかなか実現できないものとなっています。

そしてきっと演奏の暁にはそのような難解さは微塵も感じられないようにできている所も…(泣)

しかしここ数年の私はこのスタイルの曲に非常に興味を持っていたので、難しいながらもとても充実して取り組んでいます。

またこの曲集にはトイピアノの為の曲も1曲含まれていて、新しいトイピアノもお披露目の予定。

こんなタイムリーな曲を見つけてきてくれる相方に感謝しています。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kazue0602.blog23.fc2.com/tb.php/379-c8628e5d
    この記事へのトラックバック


    最新記事