現音アンデパンダン展終了!

2013年11月08日 18:40




現音アンデパンダン展第1夜、宇野文夫作曲/ピアノ・ソナタ第4番『耳と目で』改訂再演が終了いたしました。東京オペラシティリサイタルホールがほぼ満員に。いらしていただいた皆様、応援いただいた皆様、有難うございました!

大変な難曲でしたが、宇野さんの壮大でエネルギー溢れる音楽観に触れ、充実した練習の日々を過ごせた事がとても幸せでした。

リハーサル、関西初演で宇野さんのお宅に滞在しての日々、そして今回の東京演奏会、本当に沢山の話しをして過ごしたのも楽しかった。ここ数年モヤモヤと考えていたあれこれが、霧が晴れたようにすっきりして、これからの音楽への取り組み方にも一つの確信が生まれたように感じています。流石は4半世紀に渡る私のピアノコーチ!宇野さん、素晴らしい曲と有意義な時間を有難うございました!

年内の主な演奏会はこれで終了です。今年は本当に沢山の曲に取り組んだ一年でした。

残されたミッションは、とある雑誌に寄稿する文章を書く事と地域のボランティア演奏会。
昨日久々に出かけた街には、もうクリスマスソングが流れていてツリーにはライトも。
少しだけのんびりとして、冬の風情を楽しみたいと思っています。


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://kazue0602.blog23.fc2.com/tb.php/404-8317eaf0
    この記事へのトラックバック


    最新記事