スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい相棒

2009年06月28日 16:43

早くも、演奏会まであと一ヶ月を切ってしまいました。
皆様、覚えていらっしゃいますでしょうか・・・。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
claviarea8 中村和枝リサイタル
松平頼暁・24のエッセーズお披露目会
b 2009年25日(土) 16:00~・19:00~(2回公演) @門仲天井ホール 
                   24のエッセーズより 13~24 (13~24初演)
                   GALA(1990)
                   エクササイズ(2005) 連弾:中村×松平
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
入場料:各公演¥2,000
予約:NPO Gloville(グローヴィル) 03-3568-3260
claviarea@japanesecomposers.info
主催・企画・制作:claviarea
ウェブサイト:
http://japanesecomposers.info/ja/modules/tinyd4/


前回の記事ではご心配をお掛けして申し訳ありません。 私は元気です^^。
元気で譜読み&練習に明け暮れています・・・メトロノームをぶっ壊すほどに・・・(笑)。

10年位前の同じ時期に買った同機種の2つのメトロノーム(←何故?)が、今年になって次々と壊れました。
機械は製造時に耐久年数を設定して作られている、という話を最近聞きましたが、本当かも。

メトロノームが無くては練習にならないので慌てて楽器店に行きましたが、置いてあるのはデジタルの物ばかり。
いくつか手にとって使いやすそうな物を選んだつもりでも、やはり毎日の練習にはいちいちピピピピ押しながら使うのはどうにも使いにくい。目標のテンポにどれだけ近づいたかを確認するのも、アナログ人間故か、ちっとも実感が伴わず喜びも感じられず。以前から持っているDr.Beat はワン・ツー・スリーと声で号令を掛けて数えてくれるのが気に入って買ったものの、拍子のある音楽をさらう機会が少ないのでこのオモシロ機能はなかなか使わない上に、機械がデカ過ぎで練習していてもいまひとつ一体感が持てず・・・相性の良い機械を見つけるのは意外に難しいものです。結局ネットでダイヤル式の物を買い直しました。
最初からこうすれば良かった。またまた得意の無駄遣い。でも以前の型よりも一回り大きくなっていたので、携帯用にはデジタルを使えばいいんだわと納得させてみたりして。

メトロノームは練習に欠かせない大切な相棒。最初にざっと譜読みをしたら、あとはひたすらメトロノームの最低速度から根気よく一目盛りづつテンポを上げてさらっていくのが、私の一番落ち着く練習方法です。最初はメトロノームに支配された無秩序にしか聴こえない音の連がりが、ある時ふっと機械音の中でも自由に動き出す。地道な練習に光が見える瞬間です。
今、いくつかの場面でそんな感じになってきました。

IMG_1259_convert_20090628164107[1]


スポンサーサイト


コメント

  1. mica | URL | -

    >ある時ふっと機械音の中でも自由に動き出す。地道な練習に光が見える瞬間です。

    号泣!
    このようにして新作が音化していくのだなぁ・・・。
    演奏家様々なのでありました。え~ん!

  2. kaz | URL | -

    micaちゃん

    えへへ、そうよ、こうして演奏家は頑張ってるのよー。
    でも日曜を挟んだらちょっと後戻りしていましたあああ。

    段々覚えが悪くなってきたと落ち込む日もありますが
    よく考えたら以前からこんな調子だしね。
    地道にホフク前進の如く行くしかないのであーる。
    さささ、がんばろ! 

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kazue0602.blog23.fc2.com/tb.php/58-1b73b962
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。